ボランティア

葛飾探検団

博物館ボランティア「葛飾探検団」は、葛飾やその周辺をフィールドとして、住宅・店舗・工場などの建物や産業、川・道・路傍の碑、寺社などを訪ねながら、近代以降の葛飾の暮らしや文化が変わったかを調査・記録します。あなたも「葛飾探検団」に登録して、調査研究や展示などの博物館活動に参加しながら郷土の歴史を学んでみませんか。

目的

葛飾探検団の活動目的は、葛飾やその周辺をフィールドとして、住宅・店舗・工場などの建物や産業、川・道・路傍の碑、寺社などを訪ねながら、近代以降の明治・大正・昭和・平成へとどのように「かつしか」の様子が変化したかを調査研究するもので、この活動を自己の表現の場として活かし、自らを高めていくことを目的としています。

主な活動
  1. (1)調査研究

    上記の目的に関する調査研究を行います。(区内や区内周辺を歩きながら街の観察を行う、近代遺産のリスト化など)

  2. (2)調査成果の公表

    展示の開催(特別・企画展、「葛探写真館」等)や活動報告書『可豆思賀(かつしか)』の刊行、ガイドツアーなど。

  3. (3)その他

    区民参加の事業の開催や博物館関連事業の支援など。

活動場所

博物館・館外

費用

参加費は無料です。移動時の交通費等は実費負担となります。

参加条件

どなたでも参加できます。

申込方法

平成27年度ボランティアの募集は終了いたしました。
次回の募集期間は平成28年1月~3月になります。