ボランティア

田んぼサポーター

子供たちと田の草取り

米作りをはじめ、農業の体験ができる大人向けの講座です。博物館前の田んぼを耕作します。講師は、茨城県つくばみらい市谷和原村の農家の方々を中心とするNPO法人「古瀬の文化と自然を守る会」のみなさんです。
米作りはもちろん、サツマイモ、大根、落花生などの作物を作ったり、 竹細工を作ったり、祭など村の行事に参加したり、古民家に宿泊したり…。 ゆったりとした農村の生活を満喫できます。あなたも田んぼサポーターになってみませんか?

たけのこ堀り

博物館前の田んぼの田おこし

田んぼサポーター新規会員を募集しています。

博物館前の田んぼで稲作を行います。その他、地元農家との交流や農作業ボランティアなどの活動を行います。
知識や経験は問いませんので、お気軽にご参加ください。

活動頻度、活動日
月2回程度、土曜日・日曜日など(宿泊活動 年3回)
活動場所
茨城県つくばみらい市 他
対象
中学生以上の方
費用
3000円
申込方法
下記をご記入の上、往復はがきでお申し込み下さい。

記入事項
  • 「サポーター」
  • お名前・年齢
  • 郵便番号・ご住所
  • お電話番号
お申し込み先
往復はがき・郵便: 〒125-0069 東京都葛飾区白鳥3-25-1 葛飾区郷土と天文の博物館 FAX:03(5680)0849
電子申請:現在は電子申請では受け付けておりません
募集期限
年間を通じていつでも募集を受け付けていますので、期限はありません
お問い合わせ
03-3838-1101
担当:堀、小峰
活動紹介

あいがもをさばく

大豆の豆まき

竹細工で作成する竹製品

博物館交流市(野菜の販売会)

博物館前の田んぼのかかし作り

とったうなぎをさばく


詳しくはこちらをご覧ください。
2017年度の説明会資料(PDF)