イベントの詳細

第98回星の講演会 最新の観測研究で探る宇宙の果て―宇宙138億年の歴史の解明をめざして―

講師からのメッセージ
人類はどこまで遠くの天体まで迫れるのでしょうか?
この講演では、すばる望遠鏡やハッブル宇宙望遠鏡、アルマ望遠鏡を使った最新の観測が明らかにしつつある遥か彼方の宇宙について紹介します。
そして、これらの観測が明らかにしつつある宇宙138億年の歴史についてみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

★ ★ ★ ★ ★ ★ 満員御礼 ★ ★ ★ ★ ★ ★
おかげさまで、たくさんの方にご応募いただき、定員に達しました。
今回は当日の参加受付はございません。ご了承ください。


この講座はかつしか区民大学単位認定講座です。

日時
平成30年9月15日(土曜日)午後7:00~午後8:30
会場
葛飾区 郷土と天文の博物館 プラネタリウム
講師/出演
大内 正己(おおうち・まさみ)氏(東京大学 宇宙線研究所 宇宙基礎物理学研究部門 観測的宇宙論グループ 准教授)
地図(会場)

大きな地図で見る
対象
どなたでも
費用
200円
定員
140人(お申込み多数の場合は抽選)
申込方法
電子申請/往復はがき
はがき記入内容
参加者全員のと住所、氏名(フリガナ)、電話番号、イベント名「星の講演会9月」を書いてお申し込み下さい。
申込先
電子申請
申込期間は終了しました
往復はがき
〒125-0063 東京都葛飾区白鳥3-25-1
葛飾区 郷土と天文の博物館
申込締切
平成30年8月31日(金曜日)(必着)
お問い合わせ
葛飾区 郷土と天文の博物館
電話:03-3838-1101
電子申請ができない・わからない時
「電子申請についてのご案内」ページをご覧ください。
博物館HPのトップページ左側にある“黄緑色のバナー”をクリックするとご覧いただけます。
※なお、携帯サイトには対応しておりません。申し訳ございませんが、パソコンをご利用ください。