イベントの詳細

夏休みペーパークラフト教室 鉄道模型「帝釈人車」をつくろう

むかし葛飾区を走っていた、人が客車を押して走る乗り物「帝釈人車鉄道」のペーパークラフト模型作りにチャレンジしませんか?
模型完成後は、当時人車を押していた人が着ていた衣装を再現した半てんを着て、記念撮影ができます。

■ 人車鉄道とは?
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
人が客車を押して走る乗り物です。葛飾区にも100年以上前、金町と柴又の間で帝釈人車鉄道が活躍していました。

■ 模型について
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
博物館では、古い絵はがきや現在残っている車体を参考に、実物の約20分の1サイズのペーパークラフト模型を作りました。
模型は台紙からハサミを使って部品を取り外し、部品を差し込んで作り、約40分で完成です。講師の先生方のていねいな指導で、工作の苦手なかたでも安心して作れます。博物館でしか手に入らない、手のひらサイズの帝釈人車のペーパークラフト模型にチャレンジしてみましょう。

事前申し込みの必要はありません。開催時間中であれば、いつでもご参加頂けます。
当日時間内に直接会場へお越しください。

日時
平成30年8月5日(日曜日)午前10:00~午後4:00
会場
葛飾区 郷土と天文の博物館 講堂
地図(会場)

大きな地図で見る
対象
どなたでも(小学3年生以下は保護者同伴)
費用
入館料+850円(模型1つにつき)
お問い合わせ
葛飾区 郷土と天文の博物館
電話:03-3838-1101
持ち物について
のり・はさみなどの工具は当館で用意します。
記念撮影用のカメラは各自でご用意ください。