イベントの詳細

民俗学講座「東京湾から見る葛飾の食文化」(全5回)

東京湾の漁業は江戸時代、大都市江戸の食文化を支える役割を果たしてきました。葛飾区の人たちも古くから東京湾の海の幸を日常の食事に取り入れてきました。江戸時代から昭和30年代に至るまでの東京湾の漁業の歴史と葛飾区の食文化の関わりを学びます。

5月19日(土) 「葛西・浦安の魚介行商」
        <当館での座学>

6月16日(土) 「浦安を歩く」
        <バスによる見学会>

7月14日(土) 「東京湾奥の漁業の歴史」
        <当館での座学>

9月15日(土) 「漁業の町 船橋を歩く」
        <フィールドワーク>

10月21日(日) 「東京湾から見た葛飾の食文化」
        <当館での座学>

日時
第1回
平成30年5月19日(土曜日)午後2:00~午後4:00
第2回
平成30年6月16日(土曜日)午前9:00~午後4:00
第3回
平成30年7月14日(土曜日)午後2:00~午後4:00
第4回
平成30年9月15日(土曜日)午前9:00~午後0:00
第5回
平成30年10月21日(日曜日)午後2:00~午後4:00
会場
葛飾区 郷土と天文の博物館
講師/出演
博物館学芸員
地図(会場)

大きな地図で見る
対象
どなたでも(全回出席可能な方)
費用
3,000円(見学会バス代・昼食代等)第4回は現地集合・解散
定員
40人(お申し込み多数の場合は抽選)
申込方法
往復はがき
はがき記入内容
参加者全員の住所/氏名/年齢/電話番号と「江戸前」を書いてお申し込み下さい。
申込先
往復はがき
〒125-0063 東京都葛飾区白鳥3-25-1
葛飾区 郷土と天文の博物館
申込締切
平成30年5月10日(木曜日)(必着)
お問い合わせ
葛飾区 郷土と天文の博物館
電話:03-3838-1101