イベントの詳細

民俗学講座「東京の食文化と江戸前の村」(全3回)

葛飾区など江戸近郊の農村では、大都市江戸・東京の食文化を支える生産活動を行い、新鮮な野菜や漁獲物を供給してきました。
そうした「江戸前」の農業・漁業の歴史と民俗を学びます。

1月13日(土) 「東京の正月料理と江戸野菜」
        <当館での座学>

2月17日(土) 「豊穣の海 東京湾と江戸・東京の食文化」
        <当館での座学>

3月18日(日) 「江戸前の海苔」
        <大森海苔のふるさと館、川崎大師>

日時
第1回
平成30年1月13日(土曜日)午後2:00~午後4:00
第2回
平成30年2月17日(土曜日)午後2:00~午後4:00
第3回
平成30年3月18日(日曜日)午前9:00~午後4:00
会場
葛飾区 郷土と天文の博物館 講堂
講師/出演
当館職員
地図(会場)

大きな地図で見る
対象
どなたでも
費用
2,100円(見学会・バス代など)広報かつしか12月5日号では2,200円となっておりますが正しくは2,100円です。お詫びして訂正します。
定員
40人(お申し込み多数の場合は抽選)
申込方法
往復はがき
はがき記入内容
参加者全員の住所/氏名/年齢/電話番号と「江戸前」を書いてお申し込み下さい。
申込先
往復はがき
〒125-0063 東京都葛飾区白鳥3-25-1
葛飾区 郷土と天文の博物館
申込締切
平成29年12月20日(水曜日)(必着)
お問い合わせ
葛飾区 郷土と天文の博物館
電話:03-3838-1101