よくある質問

イベントのお申込み関するご質問

電子申請とは何ですか?

電子申請とは、東京電子自治体共同運営協議会が提供する、区役所への申請・届出などをインターネットに接続されたパソコンから行うサービスです。
当館の実施する多くの講座・イベントへのお申し込みにもこのサービスを利用することができます。(葛飾区外・東京都外にお住まいの方もご利用いただけます。)
サービスの利用方法や操作方法に関しては、東京共同電子申請・届出サービスをご覧ください。

電子申請でのイベント申し込みはいつからできるようになりますか?

電子申請は、原則としてそのイベントが葛飾区の広報誌「広報かつしか」に掲載された時期から利用できるようになります。(多くのイベントは、お申込み締め切りの2~3週間前頃を目安に利用可能となります。)
電子申請での受付が開始された場合は、イベントの詳細ページに申込みページへのリンクが設置されます。

プラネタリウムに関するご質問

葛飾区のプラネタリウムにはどんな特徴がありますか?

①宇宙のすべてをリアルタイムに表現することができます。当館のデジタルプラネタリウムでは、これまで観測された全宇宙(地球から半径約137億光年の範囲)の天体データセット「デジタルユニバース」を日本で初めて導入、さらに独自のデータセットも開発し、これらのデータに基づいた映像をリアルタイムに描画することができます。

②番組はすべてオリジナルです。当館のプラネタリウムの機能を生かせない既成の映像作品は上映せず、当館のスタッフが企画からプログラミングまですべてを手がけた、デジタルプラネタリウムならではの番組を上映しています。

③すべて生解説です。その時々のお客様の層や最新の情報を反映させながら、5人の解説者の個性を生かした解説を行っています。

さらに詳しくは番組のポリシーをご覧ください。

プラネタリウムは混雑していますか?

現在は満席でご覧になれないということはありません。上映30分前くらいまでにお越しください。

プラネタリウムの会場貸し出しは行なっていますか?

会場貸し出しは行なっておりません。
天文の普及・教育を目的とし、当館との共催事業として開催いただける場合は、お問い合わせください。

プラネタリウムを借りて、コンサートを開催することはできますか?

コンサート会場としての貸し出しは行っておりません。プラネタリウムコンサートは当館のイベントとして開催しております。

当博物館に関するご質問

博物館実習はできますか?

当館では、大学で博物館学芸員の資格を取得されようとしている方のために、博物館での学芸員実務実習を行っています。
詳しくは、「教育利用」→「博物館実習」のページをご覧ください。

館内でテレビ・雑誌等の撮影はできますか?

内容・日時等を検討させていただいた上でお返事致しますのでお問い合わせください。
撮影の日時は、原則として当館の開館時間内でイベント等の予定が入っていない時間帯です。